文章

 

以下は著者名表記で書いた小説やエッセイなどです。♡印は無料で読めます。

(※文章のご依頼はこちら


作文「お金の話」/『東京荒野』第29号(2022年6月6日発行)

「ネットでも生身の会話でも言えないことをこっそりぶちまける連載」第四回。お金について書きました。

取扱店一覧

 

作文「結婚の話」/『東京荒野』第28号(2022年3月7日発行)

「ネットでも生身の会話でも言えないことをこっそりぶちまける連載」第三回。結婚について書きました。

取扱店一覧

 

♡小説「舞踏家・坂口シモーヌの休日」(2021年12月6日公開)

詩人・馬野幹さん編集長のwebサイト「叙情詩の惑星」に短編を寄稿しました。

2017年に『東京荒野』10号に発表した小説を改題・改稿したものです。

プロフィールページには、2021年現在振り返って思ったことなどを載せています。

(文末右下に出てくる作者名をクリックするとプロフィールページに進めます)

 

作文「商売の話」/『東京荒野』第27号(2021年12月4日発行)掲載

「ネットでも生身の会話でも言えないことをこっそりぶちまける連載」第二回。自分の生業について書きました。

取扱店一覧

 

作文「猫の話」/『東京荒野』第26号(2021年9月4日発行)掲載

「ネットでも生身の会話でも言えないことをこっそりぶちまける連載」第一回。飼っていた猫について書きました。

取扱店一覧

 

三上寛詩学校体験レポート「肉体表現としての言葉」/『点線面』第5号(2021年5月4日発売)掲載

青森出身のシンガーソングライター・三上寛さんが1990年より主宰している詩学校に体験入学した記事です。三上寛さんへのインタビューも掲載されています。

 

♡小説『くち、ふたつ』2020年12月13日note公開(現在codocに移行)

津軽弁叙情歌手・うなじさんとのイベントで朗読するために制作した官能小説。津軽弁にすると映えるワードが色々散りばめられています。

noteに掲載していましたが挿絵が性的だったため削除され、codocに移行しました。

 

小説『金田満子のドープなリリック』/『福音と世界』2020年6月号掲載

コロナ禍のファミレスでパートする51歳の主婦とヒップホップの小説です。

 

一往復エッセイ「最近、どうですか?」/Webマガジン「ウートピ」2020年5月11日・5月13日公開

詩人でフェミニストの内田るんさんと私の一往復エッセイです。無料公開中。

 

♡小説『メメ子(30歳)』2020年4月5日note公開(現在codocに移行)

2015年に発表した小説の改稿。noteに掲載していましたが挿絵が性的だったため削除され、codocに移行しました。無料公開中。

 

小説『紅相撲』2020年3月28日note公開(現在codocに移行)

新型コロナウイルス感染拡大によりライブが中止となった日に書き下ろした小説。noteに掲載していましたが挿絵が性的ということで削除され、codocに移行しました。

 

小説『舞踏家・坂口キメラの休日』

季刊誌「東京荒野」第10号に短編小説を書きました。

 

小説『裸の村』2017年3月25日発売(円盤/リクロ舎)

円盤/リクロ舎プロデュースによる、飯田華子・北村早樹子の共著小説。

前代未聞の奇態本です!

 

Veemob連載 

VeemobというWeb媒体に文章を連載しました。最初の3回は新宿についてのエッセイ、その次の3回は自分で自分にインタビューした記事です。(閲覧期限終了)

 

♡小説「メメ子(三十歳)」

'84年生まれの詩人による同人誌「詩誌84」に小説を書きました。16ページから載っています☆

 

♡作文「美貌と子どもと地獄とマンカスについて」

馬野ミキ&蛇口のブログ「詩と惑星」に寄せた文章です。「赤裸裸」をテーマに書きました。